ページの先頭です 本文へスキップ

ホーム

ここから大分類です 大分類はここまでです
先頭へもどる ここからページ内容です
ここからページの本文です

お知らせ 

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

年間行事予定と今月の行事予定は、こちらをご確認ください。

What's New !

 

 News & Topics

  • 9月
    • 26-28日球技大会
    • 20日(木)開校記念日
    • 14日(金)1年北大環境教育講座(5-8組)
    • 12日(水)2年職場体験学習
    • 7日(金)1年北大環境教育講座(1-4組)
    • 3-6日 第2回定期考査
  • 8月
    • 24日(金)市立総文体
    • 17日(金)課題テスト
  • 7月
    • 28日(金)市立合同説明会~市民文化ホール
    • 25.26.28.29.30日夏期講習(前期)
    • 24日(水)夏季休業~8/16まで
    • 23日(火)全校集会
    • 7日(土)藻高祭2日目~一般公開
    • 6日(金)藻高祭1日目
  • 6月
  • 5月
  • 4月
    • 27日(金)生徒総会、PTA総会
    • 25日(水)健康診断
    • 20日(金)スマートフォン等適切利用講習会、一斉部局ミーティング
    • 14日(金)薬物乱用防止講座
    • 11日(水)対面式・部局紹介・交通安全指導、尿検査(1次)
    • 10日(火)課題テスト
    •   9日(月)着任式・始業式・入学式

 

平成30年度 1,2年進路セミナー が実施されました

 

 去る9/21(金)の午後、LHR、総合的な学習の時間の2校時を使って、今年度の1,2年進路セミナーが体育館で実施されました。ベネッセコーポレーション東京本社より、進研ゼミ高校講座編集長の相武貴志様を講師として招き、新入試制度の説明、そこに向けた心構えから学習の本質的な意義に至るまで幅広くお話をいただきました。終了後も「本州と北海道の生徒の入試に向けた意識の違い」「文系理系の選び方」「やりたいことをどうやって見つけるか」など生徒の現実を反映する鋭い質問もあり、中身の濃いセミナーとなりました。40名を超える保護者の方も参加され、熱心な視線を傾けていらっしゃいました。

・「自分たちの時代は70代まで50年働かなければならないのでやるなら好きな仕事をしたいと思った。そのためにはいい大学に行けなくてはならず、もう受験勉強は始まっているんだなと感じた。」

・「自分たちの代から始まる『共通テスト』は過去問がない分大変だと思うが、主体性や思考力が肝心だということが分かった。最後に相武さんの『人生はずっと勉強である』という言葉から人間は一生成長できるということ、勉強は大学受験の為だけのものでないと捉えることで人生を実りあるものにできるということを学んだ」

・「これからの入試は学力+課外活動などの+αが大きな武器になるんだなと思った。今の自分は課外活動なども積極的に出来ていると思うので、これからも頑張っていきたい。また確実に受かるには授業をしっかり聞くこと+復習も大事だと思った。(2年)」

・「新入試については高校2年も他人事ではないと感じました。これからの学校生活、家庭での生活を変えたいと心から思いました。頑張ります(2年)」

 ・「親と子が同じ話を聞けて良かったです。親だけが参加したときは、後援会の話をしてもどこか一方通行な感じで伝わっていませんでした。今日は同じ目線で会話ができそうです。ありがとうございました。(2年保護者)」

・「新しい大学入試に向けて子供がどんな勉強をしていったらいいのか心配でしたが、授業や教科書を大事にしていくこと、目標を持ってあきらめないこと、決まった時間に勉強すること等基本的なことを改めて教えていただき、子供と一緒に考えるきっかけになりました。(1年保護者)

 

フィールドサイエンス部が来年度の全国総文祭に選ばれました

フィールドサイエンス部が来年度の全国総文祭に選ばれました
昨日まで釧路市で行われた高文連全道理科研究発表大会の研究発表(地学部門)で6年連続の総合賞(最高賞)を受賞しました。今年度は1年ぶりとなる全国総文祭にも推薦されました。皆様の応援に感謝いたします。 発表テーマ:「西野層の新第三紀の古環境~火山活動と珪藻化石から見た札幌市の海洋古環境~」 今後も身近な自然に目を向け,身近な自然の成り立ちの解明に力を入れていきます!
ここまでが本文です 先頭へもどる
ここからこのウェブサイトに関する情報です ここまでがウェブサイトに関する情報です このページに関する情報は以上です 先頭へもどる