ページの先頭です 本文へスキップ

ホーム

ここから大分類です 大分類はここまでです
先頭へもどる ここからページ内容です
ここからページの本文です

1.校 名

校名の由来は、北海道の未来の発展を双肩に担い、”北を開(啓)く”という願いが込められています。”啓”は”明けの明星”で、空に輝くあこがれの学校という意味です。 

2.校 章

外型は、札幌市章と同じ”雪の結晶”で、市立高校の意味を持たせ、内面の”ヘビ”は商業の神マーキューリー、”ペン”は学生の本分である勉学を意味し、全体で、札幌市立の商業高校をあらわしています。

3.沿 革

1941(昭和16)年 3月14日 文部省告示設立許可、札幌市立商業学校と称す。(定時制)
1941(昭和16)年 4月14日 札幌市中央創成国民学校を使用して開校。
1948(昭和23)年 4月 1日 札幌市立商業高等学校に昇格(定時制)
1950(昭和25)年 4月 1日 札幌工業高等学校に商業課程が併設され、北海道札幌伏見高等学校と改称。(全日制)
1950(昭和25)年 4月22日 札幌市立商業高等学校を札幌創成商業高等学校と改称。(定時制)
1955(昭和30)年 4月 1日 北海道札幌伏見高等学校商業課程(全日制)を札幌市に移管、札幌創成商業高等学校(定時制)と合併し、北海道札幌創成商業高等学校として発足。 
1955(昭和30)年12月23日 北海道札幌啓北商業高等学校と改称。
1960(昭和35)年 8月19日 旧校舎(札幌市中央区南24条西10丁目)全館完成。
1970(昭和45)年10月22日 創立30周年記念式典挙行。
1971(昭和46)年11月 1日 コンピュータシステム(FACOM230-15)導入。
1980(昭和55)年 8月14日 現校舎(札幌市南区石山1条2丁目)完成、移転。
1980(昭和55)年11月30日 創立40周年記念、校舎落成記念式典挙行。
1985(昭和60)年 4月 1日 コンピュータシステム(FACOM M320-E + FM-11BS)更新。
1990(平成 2)年 4月 1日 コンピュータシステム(ACOS3300/6 + PC9801ES)更新。
1990(平成 2)年11月28日 創立50周年記念式典挙行。
1994(平成 6)年 4月 1日 コンピュータシステム(UP4800/635AD + PC9801BX2)更新。
1998(平成10)年 9月 1日 コンピュータシステム(Express5800/120Ma + PCNX-MA35D)更新。
1999(平成11)年 1月30日 「文部省光ファイバー網による学校ネットワーク活用方法研究開発事業」によるインターネット利用開始。
2000(平成12)年11月10日 創立60周年記念式典挙行。
2001(平成13)年 3月31日 「文部省光ファイバー網による学校ネットワーク活用方法研究開発事業」終了
2002(平成14)年 4月 1日 「先進的教育用ネットワークモデル地域事業、マルチメディア活用学校間連携推進事業、次世代ITを活用した未来型教育研究開発事業」開始。 
2004(平成16)年 5月 6日 英語CALL教室の運用開始 。
2005(平成17)年 4月 1日 全日制6間口を商業科から未来商学科に学科転換

2008(平成20)年 3月 1日 未来商学科第1期生(通算第53期生)卒業
2008(平成20)年 4月 1日 定時制本科募集停止
2010(平成22)年 4月 1日 定時制本科、市立大通高等学校へ移転
2010(平成22)年11月12日 創立70周年記念式典挙行
2011(平成23)年 3月31日 定時制課程閉課程
2012(平成24)年11月26日 校舎耐震補強工事完了
2013(平成25)年11月29日 校舎外壁補修工事完了。 
 

4.教育目標

平和な社会の形成者として、常に未来を見据える姿勢を持ち、新しい状況や社会のニーズにも対応できる柔軟性を備えた人材の育成を目標に、次の諸点を重点とする。


1.創造性の涵養と豊かな心の育成。
2.
職業人の育成に基づいた、ビジネス教育の専門的知識と技術の習得。
3.
国際化や高度情報化に対応する能力の育成。
4.
誠実、責任、寛容、礼儀を重んずる精神の養成。
5.社会に通用するコミュニケーション能力の育成。

5.生徒数及び学級数

2017(平成29)年7月現在

全日制課程
 
男子
女子
学級数
1年 85 155 240
未来商学科 6
2年 81 157 238
未来商学科 6
3年 81 148 229
未来商学科 6
247 460 707  

(生徒数は休学・留学等を含む)

6.校歌

歌詞拡大[png]

 

ここまでが本文です 先頭へもどる
ここからこのウェブサイトに関する情報です ここまでがウェブサイトに関する情報です このページに関する情報は以上です 先頭へもどる