ページの先頭です 本文へスキップ

ホーム

ここから大分類です 大分類はここまでです
ここから大分類内のメインメニューです

 

 


〒064-8535

札幌市中央区旭ヶ丘6丁目5-18

 電話:(011)561-1221

 FAX:(011)561-1061

 

 

これまでのアクセス

01598377
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

札幌スマイルWebサイト

 

 

 

 

 

 

北海道高等学校教育研究会Webサイト

 

メインメニューはここまでです
先頭へもどる ここからページ内容です
このページの場所は次のとおりです ここからページの本文です

学校長から

 第21代学校長 林 恵子

 札幌旭丘高校は、平成30年度より、「市立札幌旭丘高等学校」と名称を変更しました。今後とも本校の特色ある取組を更に進めるとともに市立高校としての共通の取組も充実させ、市民が誇れる旭丘高校を目指してまいります。

 札幌旭丘高校は、1958(昭和33)年に、市民の方々の開設運動が実って誕生しました。これまでに1万8千余人に及ぶ卒業生を輩出し、アカデミックな校風のもとで学んだ幾多の先輩が各界で活躍されています。このように60年に及ぶ古い歴史を持つ高校でありながらも、時代の変化に応じた高校のあり方を常に模索しつづける学校でもあります。平成16年度入学生からは、「学校の主役は生徒である」という基本理念にもとづき一人ひとりの学びを大切にする進学重視型単位制へと移行しました。

 当時の教職員が、旭丘高校単位制の理念を「21世紀進学ADVANCE構想」と名付けました。このことばを「学校案内」では、

 「21世紀」ということばには、近視眼的な考え方におちいることなく、課題や現象の本質をきちんと受け止め、未来志向で物事を展望してほしいという願いが込められています。また「進学ADVANCE」というネーミングには、大学進学を目指すみなさんが、この学校で、「合格できる確かな実力」とならんで、「大学生に求められる資質」(社会課題・学問研究に対して興味関心を持ち、幅広い教養を身につける)の習得に取り組み、成果をあげてほしい、という期待が込められています。

こんなふうに説明しています。生徒の皆さんが豊かな教養を身に付けて未来を切り開き幸せな社会を築いていくこと願うこの理念は、現在の旭丘高校のバックボーンであり、今後も継承されていく理念です。

 これからの新しい時代を創っていく生徒の皆さんが、かけがえのない高校時代をこの旭丘高校で過ごし、よく学び、友や師と出会い、豊かな経験を通して自分を見つめ、大きく成長し羽ばたいていくことを、教職員一同、心より願っています。

ここまでが本文です 先頭へもどる
ここからこのウェブサイトに関する情報です ここまでがウェブサイトに関する情報です このページに関する情報は以上です 先頭へもどる