2018年6月吉日

 保護者各位

市立札幌旭丘高等学校

校 長   林 恵子

 

美術系進路講演会のご案内

 

 新緑の候、皆様にはますますご清栄のこととお喜び申し上げます。

 日頃、本校の教育の推進向上に格段のご配慮を賜り感謝申し上げます。

 さて、この度、下記の美術系進路講演会を実施することになりました。講師の諏訪敦先生は、写実絵画で日本を代表する著名な画家ですので、美術系の進路に限らず、諏訪先生の創作についてのお話が聞ける貴重な機会かと思います。

 つきましては、保護者の皆様にも多数ご参加いただきますよう、ご案内申し上げます。

 

 

1.  日 時  7月30日(月) 15:00~17:00

2.  場 所  本校3階M301大講義室(※参加人数によって変更になる場合があります。)

3.  講 師  武蔵野美術大学 油絵学科 教授  諏訪 敦(すわ あつし)氏


「プロフィール」
北海道出身、武蔵野美術大学造形学部油絵学科卒業。同大学大学院修士課程修了。画家。1994年、文化庁芸術家派遣在外研修員に推挙、2年間スペインに渡る。2000年『大野一雄・慶人』(日本橋三越本店)を開催。主な個展に、2008年『複眼リアリスト』(佐藤美術館)、2011年『一蓮托生』(成山画廊)がある。2011年『諏訪敦絵画作品展 ~どうせなにもみえない~』(諏訪市美術館)を開催し、2冊目の作品集『どうせなにもみえない』を刊行。このほか、NHK日曜美術館「記憶に辿りつく絵画~亡き人を描く画家~」への出演、2016年ETV特集「忘れられた人々の肖像~画家・諏訪敦 “満州難民”を描く」への出演などがある。2017年絵画作品集『Blue』を刊行。

 4.演 題  「アーティストになるまでの経緯と制作の実際」
       講演終了後に質疑応答、その後 武蔵野美術大学 入学センター 三好 孝明 氏による大学ガイダンスを30分程行います。

5. 対象者  本校生徒および保護者(どちらかのみの参加も可)

6. 申し込み締め切り 6月22日(金)※お子様を通じて職員室 吉岡まで提出してください。